いいものみっけ.com

このブログは、いいものみっけということで私が「これいいな」「これ面白い」「こんなの使っています」のようなことを色々紹介していきます

YAMAHA inpres UD+2ドライバーを試打しました

   

スポンサーリンク

久しぶりにゴルフパートナー練習場に行きました。

秋に発売のモデルを試打できると思って楽しみにして行ったのですが、あまり新製品がでていませんでした。残念です。

その中でYAMAHAが9月に発売したドライバーが試打できたので打たせてもらいました。

「YAMAHA inpres UD+2(インプレス・ユーディ―ツープラス)」です。

ヤマハのクラブはinpresシリーズからRMX(リミックス)シリーズに変わったと思っていたのですが、このシリーズは残っていたようです。

UD+2は2番手上の飛びを実現するという意味だそうです。名前を聞いただけで楽しみです。

私も昔、一時期inpresシリーズを使っていたので、どんなふうに変わったのか楽しみです。

まずは、見た目から。

ソール部分です。

YAMAHA inpres UD+2ドライバーのソール部分

可とも不可ともいえず、まあまあのデザインだと思いました。私の使っていたクラブのデザインの雰囲気は残っています。ソール一体型ウェイト35gとバッジ型ウェイト5gを組合せた「スーパー重心設計」で超低重心、超深重心を実現し、高打ち出し、低スピンで飛ばすことができるそうです。

次は、クラウン部分です。とてもきれいな深い青色です。これはとても気に入りました。

スポンサーリンク

inpres UD+2ドライバーのクラウン部分です

シャフトは先端の剛性を低くして軟らかくすることで、よいつかまりと弾きを実現しています。

YAMAHA inpres UD+2シャフト部分です

早速構えてみます。クラウンが綺麗なので安心して構えることができます。XXIOに少し似ています。もう少しターゲットが大きいといいかなと思います。

YAMAHA inpres UD+2構えたところです

さて、打ってみます。

ゴルフボールをつぶすような打感で飛んでいきました。まっすぐ飛んでいきます。

2番手上の飛びは、私の技量不足か難しそうですが、非常に振りやすく、スライサーの私も、かなりの確率でまっすぐ飛んでいきました。

価格はGDOオンラインで税抜き72,000円。私には手が出ない価格です。ヤマハは結構高いイメージがあるので、もう少しリーズナブルになるといいなと思います。

スポンサーリンク

 - スポーツ用品