いいものみっけ.com

このブログは、いいものみっけということで私が「これいいな」「これ面白い」「こんなの使っています」のようなことを色々紹介していきます

Morozoff(モロゾフ) ご当地スイーツ見つけました

   

スポンサーリンク

久しぶりに東京に行きました。

帰りに家族にお土産を買おうと思って選んでいると、いい感じのパッケージが目に入りました。

コルネ de コルネ東京

「コルネ de コルネ東京」という焼き菓子です。

色もカラフルでおいしそうだったので買いました。

5種類の各3本の計15本で税込1,080円でした。

紙袋をもらうと「Morozoff」の文字が。「Morozoffなんだ」と納得して帰りました。

パッケージを開けてみると、チョコレートブラウンロール、ストロベリーピンクロール、シトラスオレンジロール、ピスタチオグリーンロール、レモンイエローロールの5種類です。

img_20161102_162647

シトラスオレンジを食べてみました。オレンジにほのかにクリームの風味がします。あっさりしておいしいです。オレンジホイップクリームが入っているといいなと思いました。

家族にも好評でした。

さて、それから数日後、今度は福岡に行きました。

また、家族にお土産を買おうと探していると、なにか見たことがあるようなパッケージが目に入りました。

くるり くるり 博多

「くるり くるり 博多」という焼き菓子です。

「この前、東京で買ったものと似ているな」と思って作っているところを調べると「Morozoff」でした。

「面白い、食べ比べてみるか」と思って、おもわず買ってしまいました。

スポンサーリンク

こちらは6種類で合計15本。税込1,080円です。

こちらの中身は九州ゆかりの材料を使っています。福岡県産あまおう苺、熊本県産阿蘇ジャージー牛乳、福岡県産八女茶、宮崎県産日向夏、鹿児島産紫芋、熊本県産しょうがの6種類です。

img_20161102_162732

「コルネ de コルネ東京」と「くるり くるり 博多」と同じ味はいちご味だったのでこれを食べ比べてみました。

個包装パッケージはこんな感じです。

コルネ de コルネ 東京とくるり くるり 博多

私は「コルネ de コルネ東京」のデザインがいいと思ったのですが、妻は「くるり くるり 博多」の方がいいみたいでした。

中を開けると、左が「コルネ de コルネ東京」右が「くるり くるり 博多」です。

コルネ de コルネ 東京とくるり くるり 博多

「コルネ de コルネ東京」の方が長くて、細いです。

 

早速、食べ比べてみます。

 

まず「コルネ de コルネ東京」の方は、ほんのり苺のスッキリ味です。細いので食べやすいです。

 

一方「くるり くるり 博多」の方は、風味がしっかりしています。太いので食べた感があります。

 

甲乙つけがたいですが、スッキリ味を選ぶのかしっかり味を選ぶかで好みが別れそうです。

 

東京と博多があるなら、全国各地バージョンがあるだろうとネットを見ていたら「京のこるねdeこるね」というものが発売されていました。

今のところこの3か所のようです。

これから、広がれば面白いと思いました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 食品