いいものみっけ.comは家電デジタル機器・コンビニスイーツ・スポーツ用品など気に入ったものをおすすめするサイトです
iPhone11の裏面の写真

これは簡単で便利!クイックスタートを使ってiPhoneのデータ移行

スポンサーリンク

機種変更でiPhone11を購入したので電源を入れると下の写真のメッセージが。

iPhoneの電源を入れたらクイックスタート画面がでてきた写真

ひょっとして簡単にできるかもと思って調べると「クイックスタート」を使って直接データ移行できるようになっていました。
実際にデータ移行してみて簡単にできたのでレポートします。

クイックスタートとは?

以前に使っていたiPhoneの設定を利用して新しいiPhoneの設定を行うことです。iPhone同士をかざすことで新しいiPhoneの初期設定が完了し、復元ができるようになりました。これまでのように、一旦iTunesやiCloudにバックアップすることなく復元可能です。

iOS12.4以降であればiPhone間で直接データの移行が可能

iPhoneのOSがiOS12.4以降であれば、iPhone間で写真やアプリなどのデータも直接移行することが可能です。

【注意】新しいiPhoneはセットアップされていない状態に

クイックスタートを使ったデータ移行の条件として、前項で述べたiOSのバージョンに加えて、新しいiPhoneはセットアップ前、つまり初期化状態にしておかないと、この方法は使えませんので注意してください。

実際にデータ移行やってみました

新しいiPhoneの電源を入れる

新しいiPhoneを起動すると下の写真のメッセージがでてきます。

iPhoneの電源を入れたらクイックスタート画面がでてきた写真

以前に使っていたiPhoneを新しいiPhoneのそばに置く

以前に使っていたiPhoneを起動して、BluetoothをONにした後、そのiPhoneを新しいiPhoneのそばに置きます。以前に使っていたiPhoneの画面の「続ける」をタップします。

iPhone同士を近づけている写真

スポンサーリンク

円形の模様をカメラに写す

新しいiPhoneに表示されている模様を使っていたiPhoneに写しだしている写真。

新しいiPhoneに円形の模様が出てくるので、以前に使っていたiPhoneのカメラで写します。しばらくすると以前に使っていたiPhone上に「新しいiPhoneの設定を完了」が表示されます。

以前に使っていたiPhoneのパスコードを入力する

今度は新しいiPhoneの画面で以前に使っていたiPhoneのパスコードを入力します。

Face IDを登録する

Face IDを登録します。

Face IDを登録する画面が表示されている写真。

データ転送を開始。転送時間が長く感じました

「iPhoneから転送」を選択してからデータ転送が開始されます。完了まで5分と表示されていますが、実際は7~8分くらいかかったと思います。転送するデータ量に依存すると思います。

データ転送モードの選択画面の写真。直接モードを選択します。

転送完了後、新しいiPhoneが再起動し、インストールされていたアプリがダウンロードされる

転送が完了すると新しいiPhoneが再起動して、以前使っていたiPhoneに入っていたアプリが新しいiPhoneにダウンロードされます。ダウンロードにはかなりの時間がかかりました。

【注意】再設定が必要なものもあるので確認が必要です

移行データのなかで、再設定が必要なものもあるので、アプリなどをチェックするようにしてください。ちなみに私は格安SIMを使っているのですがAPNのプロファイルは再設定をする必要がありました。

【まとめ】とても簡単にデータ移行ができて感動しました

クイックスタートを使うと、iTunesやiCloudなどにバックアップすることなく新しいiPhoneに直接データ移行することができました。とても便利な機能で感動しました。

スポンサーリンク
iPhone11の裏面の写真
最新情報をチェックしよう!